LSVT BIGLSVT BIG 認定講習会

2019年 LSVT BIG 認定講習会は定員に達しましたので受付を終了いたしました。
次回開催をお待ち下さい。

2019年 LSVT BIG 認定講習会 案内

パーキンソン病の「運動障害」に対する訓練法です。受講可能なのは理学療法士・作業療法士のみです。LSVT-BIGはLSVT-LOUDの基礎概念を応用し、「体を大きく動かすこと」を目指して開発されました。パーキンソン病では身体的症状として『歩く速度が遅くなる。歩幅が小さくなる』などの症状が出ます。それらの症状に対して、『手や足を大きく動かす』ための訓練実施法を学ぶことができます。

LSVT BIGの特徴

  • LSVT LOUDの概念に基づいた理学療法・作業療法プログラムです。
  • 病気の段階や重症度に関係なく役立つプログラムです。
  • 歩行などの大きな動きから衣服のボタン付けのような小運動まで、日常に必要な動作の改善に役立ちます。

講師のご紹介

シンシア・フォックス博士CCC-SLP(言語病理士向け臨床技能認定)

ツーソンにあるアリゾナ大学で言語聴覚分野の博士号を取得。
主に神経科学や運動制御の分野を学び、リハビリテーション、神経可塑性、神経損傷や病気による機能障害改善に置いての運動の役割について熟練/熟知している。
パーキンソン病患者向けLSVT LOUD音声療法の管理に置いての世界的指導者である。
約20年前からパーキンソン病患者に対するLSVTの有効性の研究行っている。
又、パーキンソン病以外の症状(例:多発性硬化症)にこの療法を初めて応用し、脳性麻痺やダウン症などの小児患者への応用を開拓。その分野での多数発行物の著書があり、国家的・国際的な場で発表もしている。LSVT Global, Incの活動においての共同発起人であり副代表を務める。
コロラド州デンバーにあるNational Center for Voice and Speech の研究員でもある。

ローラ・ギース(Luara Gusé)理学療法修士、多発性硬化症認定専門家

ノースダコタ大学で理学療法の修士を取得。
パーキンソン病と多発性硬化症に特別注目を置き、15年以上神経障害を持つ成人を対象に臨床を重ねている。多発性硬化症認定専門家。
現在あるLSVT BIG療法のツール、ビデオ、ウェビナー(オンラインのセミナー)やカリキュラムの開発に携わり、現在はLSVT BIGの最高臨床責任者(Chief Clinical Officer)を務めている。

ジェニー・トクシトー(Jenny Toccitto) 理学療法修士、高齢者臨床専門家

ミネソタ州にあるセイント・キャサリン・カレッジ(St. Catherine College)で理学療法の修士を取得。カレッジ・ケニー・リハビリテーション施設(Courage Kenny Rehabilitation Institute)、アライナ非営利医療制度(Alina Health)など、主にミネソタ州にて広範囲に渡り神経障害を取り扱っている。
2009年にLSVT BIG®の認定を受け、現在はLSVT BIG臨床専門家として務めている。
その活動は多岐にわたり、ローカルのパーキンソン支援グループに積極的に参加。国立パーキンソン財団(National Parkinson Foundation)、ミネソタ州理学療法協会(Minnesota Physical Therapy Associaion)、米国言語聴覚士協会(American Speech and Hearing Association)にも出席している。

※2019年3月時点での予定です。当日までに変更の可能性があります。

昨年の様子

1日目前半は座学がメイン。逐次通訳で進んでいく講義に、みなさん大変集中されていました。
昼食時には場の雰囲気も和み、隣の席の方などと楽しくお話しされている姿が多く見られるようになりました。実技の講義に向けて、受講生同士のコミュニケーションが取れていると進行もとてもスムーズです。

2日目は実際にPD患者さんへの実技指導があります。患者さんとのコミュニケーションを取りながら、実際に学習してきた内容を実践します。
実技中は、受講生と共に患者さんの笑顔もたくさん見られました。

LSVT BIG講習は、ただ技術を獲得するだけのセミナーではなく、普段の職場では出会えない仲間との出会いの場でもあります。様々な人とのコミュニケーションを取りながら、共に学べる素晴らしい二日間となりました。

参加者の声

根本寛美 狭山神経内科病院勤務 2016年6月受講
LSVTの概念や、実際に実技を交えた講習はとても充実していました。
2日目はパーキンソン病の患者さんに直接指導ができ、指導した後、患者様の歩行が改善されていて、改めて効果を感じる事ができ良かったです。
大きく動くという考えは、通常のリハビリでもアプローチの一つとして利用でき、パーキンソン病の方への日常生活指導としても伝えられると思います。
海外講師の方から2日間、学べる機会はなかなかないので、是非、日本でもLSVT取得者が増えるといいと思います。
野田理恵 作業療法士(現在はタイ在住) 2018年8月受講
アメリカ人講師との事で、逐次通訳に不安がありましたが、特に問題なく非常に分かりやすかったです。講師に質問する際にも必ず通訳の方がいらっしゃいました。
実技が充実していて、患者さんと一緒に実技が出来ることが最大の魅力でした。受講費に値する内容の濃い研修で大満足です。
ソフト、ハードの問題で臨床の場での実践が難しくても、知識として非常に役に立つ内容なのでとてもオススメです。

2019年 LSVT BIG 認定講習会 詳細

開催日
2019年8月10日(土)・11日(日)
会場

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター ユニバーサルホール(東京都小平市)
〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1

西武新宿線 拝島行または西武遊園地行にて、萩山駅(南口)下車、徒歩7分
JR中央線 国分寺駅乗換え、西武多摩湖線 萩山駅下車、徒歩7分
JR武蔵野線 新小平駅下車、徒歩10分

対象
理学療法士、作業療法士
定員
115名
申込期間
2019年5月19日(日)正午~2019年7月19日(金)
参加費用
85,000円(税別)
費用に含まれるもの
受講料、資料代、認定試験料、認定証及び認定登録費用 など

※ 申し込みから5日以内にご入金ください。
※ 振込手数料については参加される方・団体でのご負担をお願いいたします。
※ 領収書は振込の際に発行される振込明細書で代えさせていただきます。
※ また、入金が遅延する場合は以下の2点をメールにてご連絡ください。事務局から折り返しご連絡いたします。
①遅延する理由、②ご入金時期
※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
※ 国立精神・神経医療研究センター病院を会場として利用しておりますが、と本認定講習会とは一切関係ありません。

プログラム

1日目

8:15-8:50 受付
8:20-9:10 テスト
9:15-11:00 講義
11:00-11:15 休憩
11:15-11:45 実習
11:45-12:45 講義
12:45-13:45 昼食
13:45-15:30 講義
15:30-15:45 休憩
15:45-17:15 講義

2日目

8:00–9:45 講義
9:45–10:00 休憩
10:00-11:30 講義
11:30-12:00 試験
12:00–12:45 昼食
12:45-14:15 実習
14:15-15:00 講義
16:00頃まで 質疑

※質疑の参加は任意です

注意事項

講習に関する翻訳・通訳
当日の講師による講習内容は逐次通訳。資料・試験問題は全て日本語訳です。
認定取得への条件
2日間のプログラムすべてに出席(遅刻・早退は認められません)すること。
認定試験で85%以上の正答率であること。
※ 不合格者はLSVT Globalから後日連絡いたしますので、再度認定試験を受けてください。
予習課題
参加費用の入金確認後、LSVT Globalの指定する“予習研究論文”をご覧いただけるURLをメールにて配信いたします。資料を事前にお読みいただくことで、講習会の内容がより理解しやすくなるだけではなく、初日の受講前試験や 2日目の認定試験への準備にもなりますので、必ずご一読いただきますようお願いいたします。
なお、こちらの資料は英語版のみとなります。事務局からの翻訳サポートはありませんのでご了承ください。
受講前テストについて
  • 初日に行う受講前テストは、受付の済んだ方から開始してください。
  • 回答には概ね20分~30分程度の時間が掛かります。テストを終えた方はスタッフに問題用紙、解答用紙をお渡しいただき、講義開始までは自由時間となります。
服装に関して
スーツではなく、ジャージ等の動きやすい格好でお越しください。なお更衣室はありません。

参加当日までの流れ

1. 受付開始
申込期間:2019年5月19日(日)正午~2019年7月19日(金)

2. お申し込み
LSVT BIG 講習会 お申し込みフォームよりお申し込みください。
自動返信メールにて参加費用の入金案内をいたします。

2019年 LSVT BIG 認定講習会は定員に達しましたので受付を終了いたしました。
次回開催をお待ち下さい。

3. 入金確認
振込指定口座への入金確認後(1週間ほどお時間を頂きます)、
メールにて登録完了のご連絡と事前課題URLを送付いたします

4. 重要情報のお知らせ
開催日まで、重要な情報をその都度メールにて連絡いたします。

5. キャンセル待ち登録
定員に達した場合はキャンセル待ち受付をいたします。
開催日当日から1ヶ月前までにキャンセルが出なかった場合は次回の認定講習日を受講ください。

6. 最終確認と案内
開催前に最終確認と案内のメールをいたします。

7. 開催当日
当日は余裕を持って会場へお越しください。

キャンセルに関して

キャンセルにつきましては、以下に規定されたキャンセル料を頂戴いたします。あらかじめご了承ください。

• 開催日1ヶ月前~募集締め切り日のキャンセル → 参加費の50%
* 7月10日(水)~7月19日(金)
• 募集締め切り後のキャンセル(開催日3週間以内) → 参加費の100%
* 7月20日(土)~当日

受講者の都合によりキャンセルされる場合、ご返金額から以下の手数料をご負担いただきます。
あらかじめご了承ください。
• キャンセル手数料 2,000円(税別)
• 振込手数料 400円(税別)

※ 入金後にキャンセルのご連絡を頂いた場合、ご返金時の振込手数料はご負担をお願いします。
※ キャンセルについての詳しい内容は「よくある質問」に詳しく提示してあります。必ずご確認ください。

大切なお知らせ

情報は正確にご記入ください。
※毎年、氏名の英語表記やメールアドレスの入力間違いがあります。
※メールアドレスは個人のメールアドレスを使用ください(職場で複数人で使用しているメールアドレスはNGです)。LSVT Global ホームページにログインする際の登録メールアドレスにもなります。
※スマートフォンアドレスはメールトラブルが多数確認されていますので絶対に使用せず、パソコンアドレスをご用意ください。メール設定や送受信に関するトラブルには対応いたしかねます。

また、LSVT認定講習会を受けた方々同士でやり取りのできるネットワーク・コミュニティを作っています。講習会終了後に、今回の登録アドレスでメーリングリストへ招待させて頂きますので、ぜひ情報交換をしましょう。

お問い合わせについて

下記のフォームよりお問い合わせください。

2019年度LSVT認定講習会 問い合わせ受付は5月中旬を予定しています。
また、事務局の営業時間(連絡可能時間)は平日9:00-17:00のみとなっております。
※ お問い合わせは基本的にメールのみで対応いたします。

PAGE TOP